その他

【飽き性】の方が【成功する?】

2020/10/11

こんにちは、ざっきーです!

今回は、「これからの時代、人生が飽き性の方が得だ」というテーマで解説していきます。

飽き性とは?

結論から言うと、飽き性は、いろいろなことに挑戦している人です。

結果的に自分がやりたいことに専念することができる。

つまり、趣味の断捨離能力が高いということ。

自分に正直に、やりたいことを探している人のことだと僕は思っています。

挑戦することでいろいろなことを体験して、その数多くの中から自分に合っていることを趣味にして、それをさらに仕事にできる人もいます。

だから、中途半端になってしまうからと言って、自分を責める必要はないと思います。

それは、自分に正直になれている証拠です。あなたがいくら飽き性でも、いつか熱中できることが見つかります。だからそれまでは、飽き性でいいのです。

「飽き」がうまい人の特徴

  • いろんなことに挑戦する
  • 断捨離能力が高い
  • 自分に正直
  • 最終的に自分が好きなことを見つける
  • たくさんの経験ができる

飽き性で悩んでいる=悩むことに熱中している

飽き性に関して「思い悩んでいることに、熱中していること」に気づけていますか?

それに、熱中している時間の方が、いろいろなことに手を出して飽きることよりも、時間の無駄ですよね。

だから、そんなことは気にせずに、新しいことにどんどん挑戦し続けましょう。

もしそこで悩んでしまった瞬間に、変な癖がつくと思います。

その悩みで、新しいことに挑戦しようという姿勢が崩れるし、そもそも悩むことで時間を無駄にしています。

飽き性で悩むな!

  • 悩んだ瞬間、「新しいことに挑戦しよう」という姿勢が崩れる
  • 悩むことが、時間の無駄

飽きたらやめればいい

飽きたらやめればいい。

「やめて、また新たなことに挑戦してそれも飽きたらやめて…」そしたらいつか、自分に合った趣味や仕事が見つかる。この時代のいいことは、それが許されるということ。むしろプラスに働くことが多い。たくさんの経験をしてきているから。

そもそも、この記事を読みに来ている時点で、意欲は高い。

一番大切なのは、その意識の高さを保ち続けること。

これが高いうちは、人生が楽しいです。

学ぶ意欲が欠けてしまうと、さらに「自分はだめだな~」という感情に引っ張られて、不幸になっていきます。

なので「無理せず」「考え過ぎず」が一番です。

「バカ」が成功する理由

よく、「バカは成功する」と言われるますが、理由はそれだと思っています。

バカは、たくさんのことに挑戦します。さらに飽きます。

それで一発当たれば、成功と言われるわけです。「100回撃って1回当てる」というイメージ。

対して、他の人たちは、5回を正確に当てようとして、失敗、挫折します。

バカはその分、失敗も多いわけで、普通の人の何倍もの失敗をしています

なぜ、それを続けられるかというと、飽きても思い悩まないから

何度飽きても、「あ~こんなもんか」と言ってすぐそれを放棄して、新しいことをまた始めるから。

その間に、さらに成長しています。

飽きてしまったことの知識が、新たに挑戦することの知識に活かされているからです。

つまり、数が違うというわけです。すべて数なのです。何かをするにしても経験の数。失敗の数。飽きた数です。

失敗、経験、飽き

失敗しましょう!何回も飽きましょう!

それは失敗ではなく、最後思い返したときに、「あの時、これを飽きていなかったら、今はこうはなっていなかったな~」と感じるでしょう。

「今を生きる」「過去は過去変えられない」「自分の気持ちには、嘘はつかない」というスタンスで行きましょう。

それが、成功する飽き性です。

当ブログサイトの運営
ざっきー
学生投資家/17歳から投資を始める/現在19歳/10代で資産150万円を達成する/投資歴2年/学歴:偏差値40くらい/学歴はなくても、学生でも、10代でも、資産は増やせる/せどり・アフィリエイト・ブログなどの副業なども行う
\ Follow me /
関連記事一覧