資産運用をする

投資でギャンブルしている人の特徴5選

ざっきー
ざっきー
こんにちは、ざっきーです!

今回のテーマは「投資家が陥りやすいギャンブルをしている人の特徴」というテーマで解説していきます。

これに当てはまったらギャンブルと一緒です

ギャンブル投資をしている人の投資方法の特徴

  • 自分で分析をせず人任せ
  • 運用方針が定まっていない
  • 目標がなく、利益を何に使うのか明確に分かっていない
  • 一発狙おうとしている人
  • 株価を気にしすぎる

これが当てはまったらその投資はギャンブルと一緒です。

断言できます。なぜなら、昔の僕がこれに当てはまっていたからです。

実際に資産を大きく減らすことになりました。

では、1つずつ見ていきましょう。

自分で分析をしないで投資先を決める

1つ目の「自分で分析をしないで投資先を決める」というのは、僕が考えている中で投資家が1番陥りやすいことだと思います。

例えば、ヤフーの掲示板を見て株を買うか判断している人は注意です。

以下、僕が経験したギャンブル投資です。

昔の僕の場合

「ジャパンディスプレイ」という銘柄をヤフーの掲示板を見る。

ほかの人の投稿を見て、よい銘柄だと思い込み90円ほどで1000株買う。

その後株価が下がる。

悔しくて同じ株を買い増しをする。

さらに損をする。

こんな感じで、自分で企業について何も分析せず、買ってしまったことで、高校3年生の初めての投資で、資産3万円ほどなくしました。(今考えると少ない損ですが…)

当時の僕からしたら大金でした。

これ以外でも、ほかに「くそ株への短期トレード」を繰り返し合計で20万円溶かしています。

ほかにも、インフルエンサーの投資アイデアを何の根拠もなく、真似してしまうこともやめた方がいいでしょう。そこで意見を取り入れ、自分で分析を繰り返し、「メリット」「デメリット」「抜け口」などを用意したうえで銘柄を選びましょう。「抜け口」は決めるべきではないという意見もあると思いますが、損切の最低ラインを決めるべきだと思います。

例えば、「決算の結果が良くなかったら売りに出す」など、決算に基づいた売り出しがおすすめです。正直、個人投資家が買いのタイミングを完璧にするのは不可能だし、売りのタイミングをテクニカルを見て判断するのも難しいし労力がいります。

運用方針が明確ではない

「運用方針」とは、自分の運用スタイルのこと。

皆さんは「自分の運用方針は何ですか?」と聞かれたとき明確に答えられますか?

今の僕だったら、答えられます。

「ポートフォリオはこんな感じで、月に1回リバランスして、長期的にみている銘柄と短期的にみている銘柄があって、こういうことがあった場合は売る」というようにそれぞれ明確に答えられます。

先ほどの話に戻りますが、決算を基準に考えましょう。

お金を「いつ」「どこで」「何に」使うのか明確ではない

これも自分で質問してみればわかることです。

「投資で得た利益を何に使いたいですか?」

ここでもし、次のように答えてしまった場合。それは、ギャンブルです。

 

「大金持ちになって、大きな家を建てて、高級車、ブランド品を買いまくって…」

これは、いけませんね。

この答えは明確ではないからです。

「大金持ちっていくらお金があればいいの?」

「大きな家ってどこのどのような家?」

と、いうような疑問が残ります。

 

「明確な資産の目標」「自分の人生の展望」「どんな趣味にお金を使いたいのか」「何のためにお金が欲しいのか」などを明確に分け

お金がかかりすぎる趣味は、断捨離することをお勧めします。

投資をするうえで1番大事なことは、目的です。目的がない投資はギャンブルですので、しっかり目的を持ちましょう。

一発を狙おうとしている

一発で利益を得ようとする人は、短期的な価格の値動きに感情を動かされやすいです。

同じく、一発で利益を生もうとする「競馬」も同じですよね。

馬の順位(株価の値動き)はちょこまか変わり、ゴール(売りどころ)が近くなるにつれて、人々が喜んだり、悔しがったりと、感情が移り変わりやすいように、株で一発を狙う人は、競馬をやっている人と変わりません。

ざっきー
ざっきー
つまりギャンブルです

株価を気にしすぎる

あなたが、友達と一緒に遊んでいるとき、家族と一緒に過ごしているとき、株価が気になって仕方ないという方はいませんか?

もし、気になってしまっているとしたら

それは、ギャンブルです。

短期的な値動きを気にしすぎているということです。

理由は、先ほどの競馬の例と一緒です。

とにかく、長期で投資することを基盤に資産運用をして、その間お金に働かせておきながら、本業、副業で収入の基盤を立て、入金力を高めていった方が、圧倒的にお金は増えます。なので、短期的な株価の値動きを気にしている暇があったら、本業、副業に力を入れましょう。

お金を増やすためのおすすめ優先順位:

  1. 本業
  2. 副業
  3. 投資

追記)投資に自信がある人は、資産を失う可能性が高いという実験結果があった

カルフォルニア大学のブラッド・バーバー氏らの研究です。

「株の売り買いが激しい人ほど成績が悪い」という実験結果がこの研究では示されています。

この実験では、6000家族を対象に5年間の調査を行いました。 毎年のポートフォリオの回転率が250%以上の家族は、回転率が低い家族より、平均して7%もリターンが少なかったといいます。その理由は、売買にかかる手数料によってです。 なぜ証券会社が儲かるのか、考えてみれば簡単でしょう。このような結果になった人の特徴として、自分の投資の実力が、平均以上と見積もっていた人々に多かったという結果も出ています。 あなたの投資に対する自信が、成績に影響しているかもしれません。 もう一度立ち返りましょう。 なんのために投資をしているのか?

実際に、プロでも自信がありすぎる人は、投資で失敗しやすいと言われています。

(例) ノーベル経済学者 (ショールズ氏、マートン氏)、FRBの副議長らによって建てられた、ヘッジファンド「LTCM」は、デリバディブ取引などを駆使して、そのファンドの9割の資産を減らしたと言われています。この一件での教訓は、プロでも自分を過信しすぎると失敗するということ。 むしろプロの方が失敗しやすい。プロの自信は強いからです。

投資において、自信は強ければ強いほど、大きな損につながります。 皆さんも気をつけて

まとめ

これらが当てはまったという方は、これから資産を大きく減らす可能性があります。

十分注意して、「自分の投資」について見つめなおしてみてください。

おすすめは紙に書くこと、紙に書くことで頭が整理されます。さらに、「紙に書いた夢は叶いやすい」とも言いますし。

ざっきー
ざっきー
資産形成はゆっくり時間をかけてやっていかなければなりませんね。

これを改善するには、まず「分散」「長期」「積立」を徹底的に行いましょう!そこから「効率よくお金を作るやり方」を自分なりに模索していくことがおすすめです。

【不安を消化!】「つみたて(積立)NISA」を使った簡単な年金の対策【つみたてNISA】は政府が直々に推奨している資産運用です。今の現役世代は【つみたてNISA】をやっていれば老後の心配も考えなくて済みます。なぜなら......
分散投資の3つの分散【初心者編】 今回は「分散投資の3つの分散【初心者編】」というテーマで解説していきます。 こんな人たちに向けた記事です 投資初...

 

以上

当ブログサイトの運営
ざっきー
学生投資家/17歳から投資を始める/現在19歳/10代で資産150万円を達成する/投資歴2年/学歴:偏差値40くらい/学歴はなくても、学生でも、10代でも、資産は増やせる/せどり・アフィリエイト・ブログなどの副業なども行う
\ Follow me /
関連記事一覧