資産運用をする

日立キャピタルと合併の【三菱UFJリース】について調べてみた件

2020/09/29

ざっきー
ざっきー
こんにちは、ざっきーです!

この記事では、日立キャピタルと合併が決定した、「三菱UFJリース」について決算内容を踏まえて解説していきます。

この記事では、三菱UFJリースについて「2021年3月期 第1四半期決算短信」を見て企業分析していきます。

基本情報

時価総額:4578億円

PER:-

PBR:0.59%

直近配当利回り:0.48%

コロナウイルスの影響で業績予想ができないため、PERは計算できないみたいです。

配当利回りは4.8%と高い水準です。

 

 

 

決算情報

「2021年3月期 第1四半期決算短信」より。

成長率(前年同期比)

売上高:-9.1%

純利益:-20.1%

EPS:-10.1%

概要

売上高は減。

コロナショックによる貸倒の影響。

景気回復も順調なので一時的とみられる。

 

 

財務

自己資本比率:11.9%

有利子負債倍率:6.66倍

配当性向:31.5%

概要

自己資本比率、有利子負債倍率はリース会社の中では平均的。

配当性向も健全。

財務良好。

また、オフィス需要低下を見越して大口の不動産売却済。

 

 

 

 

事業内容

事業内容は主にリース事業です。

たくさんのリースを行っていますが、メインの収益源が3つ。

以下、3つのセグメントで大きく利益を得ています。

経営を支えるセグメント3本柱

  1. 不動産
  2. 航空
  3. カスタマービジネス

では、1つずつ見ていきましょう。

①不動産

利益:91億円

前年同期比:+37.1%

背景:大口売却で増収。

補足:一時的な利益、コロナ後のオフィス需要低下を受けてか?

②航空

利益:31億円

前年同期比:-42.9%

背景:前年同期の収益が著しく高かったこと、コロナショックによる一時的な貸倒により。

補足:現時点でリースされていない航空機体は、全体の1%未満。

さらに小型機「ナローボディー」をメインでリースしているためコロナ後の需要は上がるかもしれない。

大型機から得る利益のほとんどは、ビジネスクラス利用客、つまりビジネスマンから。→出張は「ZOOM」にシフトで需要減。

小型機の場合ソーシャルディスタンスをとれる。→富裕層で家族ずれの集客がしやすい。

③カスタマービジネス

利益:39億円

前年同期比:-12.9%

背景:子会社の連結除外により。(子会社の株主から外れた)

 

 

全体的にみて

個人的には「買い」です。

リース事業の強い点は、サブスクリプション型の事業形態で

安定的なキャッシュ&フローがあることです。

さらに配当性向も低水準で財務安定

一時的な貸し倒れというものが、懸念点ではあるものの

貸したものが返ってこなければ、それを回収すればいいことなので

あまり気にすることはないと思います。

まとめ

優良点

  • サブスク型で安定的なキャッシュフロー
  • 財務安定
  • 高配当
  • 現金比率多め
  • 航空機のリースは回復している

懸念点

  • 2021年の業績・配当予想が見通せず
  • 貸し倒れの動向
  • 不動産、売却しすぎ?

 

ざっきー
ざっきー
以上、参考になればうれしいです!

 

以上

当ブログサイトの運営
ざっきー
学生投資家/17歳から投資を始める/現在19歳/10代で資産150万円を達成する/投資歴2年/学歴:偏差値40くらい/学歴はなくても、学生でも、10代でも、資産は増やせる/せどり・アフィリエイト・ブログなどの副業なども行う
\ Follow me /
関連記事一覧