節約する

お金が貯まらない大学生の特徴5選

今回は、「僕自身がお金を貯めれなかった時の特徴」を解説していきたいと思います。

僕は普通の大学生で、現在19歳ですが、今のところ150万円の純資産を貯めることができました。理由はシンプルで「収入>支出」になったからです。

収入は簡単には上げることができませんが、支出を下げることは誰でも簡単にできます。

お金を貯めるためにどうすればいいのか。お金が貯まらない人がどのようなことをしてしまっているのか理解しましょう。きっと、あなたにも心当たりがあるはずです。

①【大前提】お金を貯める「目的」を決めていない

まず、これができなければ絶対にお金は貯まりません。

お金を貯めるうえでもっとも大事なことです。それは目的を持つことです。おそらく多くの人はお金を何に使いたいのかを考えずに、お金を貯めたいと思っているでしょう。もう1度言います。それではお金は貯まりません。目的なしに物事はうまくいきません。

「自分が貯めたお金を何に使いたいのか」まずはここから考えましょう。そのあとからお金を貯めるための手段が出てくるでしょう。さらに、次第にやる気も上がってきて、自然とお金が貯まってきます。

お金の無駄な浪費は、意志を強く持てないのが原因ですが、目的を持つだけで意思は強くなります。これを理解して行動に移せなければ、2~5も克服できません。人間はすぐに甘えます。それは誰しも同じです。僕も実際そうでした。しかし、目的というのは、その甘えを打破してくれます。お金を貯められない皆さんがまず最初にやるべきことは、目的を持つことです。

例えば、「アメリカに留学したい。」その目的が強ければ強いほどお金は貯まります。お金があったら何に使うのかというような目的を決めてからお金を貯めることを意識しましょう。そしてその目的、夢といった方がイメージしやすいと思います、それをさらに深掘りして調べていきましょう。「どうしたらこの夢は叶うのか。」それだけ考えればOKです。そして妄想しましょう。その夢が叶った日、あなたはどのようになっているのでしょうか。どのような成長をしているのでしょうか。

イメージすればするほど、モチベーションも高くなります。もっともっと現実的な夢になります。もしかしたら、その夢はお金がなくても成し遂げられる夢かもしれません。そうなってくれば、お金を貯める必要はなくなっていきます。

まず目的を持つこと、これを克服できてから次の解説を読んでみてください。

②行きたくない友人の誘いを断らない

僕の周りで、お金が貯まらない人に共通しているのがこれです。無駄な友達に付き合わされてお金と時間を浪費しています。

行きたくないのに、友人から誘われた遊びの約束を断れないという方は、お金が貯まりにくいです。それほど仲良くないのに誘われたけど「嫌われたくない」、「省かれたくない」という理由で、無駄な飲み会や遊びをしていませんか?それでは、いくらバイトを頑張っていようがお金はたまりません。大学というのはたくさんの人がいるわけで、その人たち全ての誘いを承諾したら、それはお金は貯まりませんよね。

大体、大学生が一回の飲み会で消費する額は、5000円くらいだと思うんですよね。それを1回我慢するだけで5000円貯めると考えたら、早い話だと思います。

③目的がなく買い物をしてしまう

先ほども言いましたが目的は超大事です。目的がないと長続きしません。だから目的がない買い物は、後になって「買わなきゃよかった」と後悔することが多くなってしますのです。

目的なく、アウトレットや、ショッピングモール、ネット通販を見て衝動買いをしてしまうという人は、お金はたまりません。商品を見たときに「これ○○に使えそうだな~」というような感情はすべて排除しましょう。大体そのようにして買ったものは、今は使わなくなっていることが多いです。

また、服を衝動買いしてしまうという人もいると思います。そういう人はそもそも「行かない」、「見ない」ということを意識しましょう。ファッションサイトや、ファッション誌を見たり、お店などに行ったりすると、またすぐに買いたくなってしまうと思います。その対策は、「見ない」ということを意識するしかないです。

④収入が少ない

そもそもの収入が少ないという人もいるでしょう。

そういう人はバイトをもう少し増やしてみたり、副業をしてみたりするのがおすすめです。バイトをするというのは、1番簡単にお金が貯まる作業だと思います。1時間働けば1000円くらい貯まっちゃうわけですから。

⑤何にお金を使ったか把握できていない

何にお金を使ったか把握できていないというのも、お金が貯まらない原因の一つです。

お金の出どころを意識するだけで、次の課題はたくさん出てきます。「これにお金使ったの無駄だったな」というのを振り返るだけでOKです。時間はかかると思いますが、課題を克服するためには、まず課題そのものが何かを把握する必要があります。

お金の出入りを把握するには、マネーフォワードがおすすめです。無料で、お金の出入りを自動計算してくれます。最初に登録するクレジットカード、銀行口座の連携以外は、何もやる必要がないので楽に家計簿をつけることができます。

まとめ:大学生でもお金を貯めるためには?

ここまで、いろいろと解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?「当てはまっていた」という方もいると思います。それでは、最後にまとめをどうぞ。

まとめ:

  • お金を貯めたら何に使うのか考える
  • 友達との付き合い方を見直す
  • 商品を買うときの目的を考える
  • バイトや副業をして収入を増やす
  • 家計簿アプリで収入と支出を把握する。

これだけ、行動に移せれば自然とお金の貯まりやすい体質になっていくと思います。

断言できますが、1番重要なのは「①お金を貯める目的」です。これをまず把握しない限りでは、何も進歩しないです。ここを理解して実践していけば②~⑤も自然と意識でき、お金は貯まります。

当ブログサイトの運営
ざっきー
学生投資家/17歳から投資を始める/現在19歳/10代で資産150万円を達成する/投資歴2年/学歴:偏差値40くらい/学歴はなくても、学生でも、10代でも、資産は増やせる/せどり・アフィリエイト・ブログなどの副業なども行う
\ Follow me /