お金を使う

【自分用】資産運用・収入・倹約のルール

10月から資産の報告を当ブログで行っています。この記事では、今後の資産運用の方針をはっきりさせるための記事です。

自分の資産運用に迷っている人や、僕自身がどのように資産運用を行っていくか気になる方におすすめです。僕の決意表明みたいな記事でもあるので、気軽に見ていただけたらなあと思っています。

まずは僕自身の資産の概要から見ていただけたらなあと思います。以下の記事で解説しているので、見ていただけると幸いです。

「ざっくりでいいや」という方は今見ている記事だけでも大丈夫です。

【資産報告】10月の投資の反省。大学生のポートフォリオ公開 こんにちは、ざっきーです。今月から毎月、資産状況をブログに更新していこうと思います。もっと早くからやりたかったのですが、すっかり忘れて...

さて、本題に入りたいと思います。今回、「資産運用の方針」と書いていますが、それだけではなく、収入をいかに増やし、支出をいかに下げていくかという戦略も練りながら記事を執筆していきます。

まず、お金持ちになる鉄則です。これは簡単ですね(笑)。

「収入>支出(+投資)」です。

ここで言いたいのが

・収入を増やすこと

・支出を抑えること(収入より少なくする)

・投資をすること

以上3点です。

ここが今回の記事で、最も強調したいところです。では、まず上から順に。収入を増やすところから解説していきたいと思います。

今回は僕の場合で解説していくので、人によっては参考にならないかもしれません(笑)。ご了承ください。

収入について

僕はバイトで毎月8万円くらいの労働収入を得ているわけですが、まあ労働収入というのは、限度があるわけです。僕の場合、扶養に入っているので、税金を抑えるためには多くの労働をすることができないわけです。さらに雇っている側の都合もあり、最高でも8万が限度だとみています。

僕が今考えている、または見込める「バイト以外の収益源」は2つです。1つ目が当ブログで出る収益。2つ目はせどりをすることで出る収益です。どちらも細かな収入源ではありますが…

収入源①

当ブログではありがたいことに、月の収入が4桁あります(まだ安定的ではありませんが…汗)。先月の収入が5900円でしたので、今後も発信していくことで、ある程度の収益が見込めると考えています。最低でも1000円はいきたいというのが本音です(笑)。

収入源②

2つ目のせどりは、Twitterで多くの方が発信しているのを見ていて、初心者でも利益を出しやすいという点です。さらにその方たちが、わかりやすく解説してくれるので、1度やってみる価値はありそうだなと思い挑戦しています。ちなみに先月の利益(詳細には計算していないですが)は大体2000円程度です。大体利益率15%くらいだったと思います。これに関しては、また後日解説します。せどりに関しては、まだまだなんですけどね(笑)。

 

このように、なるべく多くの収入源を持っておくことを、優先していきます。これからは、バイトを含めた月の収入についても、このブログで発信していく予定です。今決めました。

支出について

僕は今学生で実家暮らしですので、支出は少ない方です。しかし、これでも結構なお金を遊び代や旅行代に充てています。

僕の中で決めたルールのご紹介です。まだまだありそうな気がするので、これからどんどん付け足していく予定です。

遊びにかかる支出について

・1か月の遊び、旅行予算は2万円まで(遊び用の銀行口座から)で、友人との夕食や飲み会は月に一回まで(使わなかった場合、遊び用の銀行口座に1万円支払う)

勉強にかかる支出について

・勉強代(本)などは1万円まで(マラソンの買い回りなどで購入)

その他支出について

・交通費は最安値を選ぶ

・雑貨や家具などは必要であれば買う。逆に必要でなければ買わない

・コンビニ、自販機などでお金を使わない

ある程度の贅沢をしつつ、抑えるべきところは1円でも抑える。とにかく、メリハリをつけることですかね。実家暮らしは個人的に最強の倹約だと考えています。これがあるだけで、バイトの時間が少なくても大丈夫ですし、副業に充てられる余裕があります。食費、光熱費、家賃も払う必要がありません。職場または学校が、実家から通えるという方は、実家に住むのがおすすめです。電車の中で副業することもできるので、時間の無駄にはならないでしょう。

「資産運用の成果報告」、「労働収入の報告」に合わせて、「支出の記録」も毎月末にブログの方に書いていこうと思います。

投資について

収入で得たお金をどのように分類するのか

バイトで得た収入は以下のように振り分けていきます。

・収入のうちの3万3333円をつみたてNISAで積立投資する(無かったこと積立)。

・収入のうち1万円を現金として保有する(無かったこと預金)。

・収入のうち1万円を遊び用の銀行口座に振り分け(自由に使える)。

・その残りの資金で個別株や、ETFなどを購入(無理に買わない)。

「つみたてNISA」をできるのが、来年以降になりますが、計画として書いておきます。とりあえず今年いっぱいは、つみたてNISAの分を「無かったこと預金」で4万円貯金しつつ、来年に向けて準備します。

資産運用の最低限のルール

続いては資産運用をするうえで最低限のルールです。

①長期資産、短期資産で分類する

②米国株:日本株の比率は7:3

③つみたてNISAを使って3万3333円を積立する

④現金は資産の10%以上持つ(最低でも20万)

⑤つみたてNISAとなかったこと貯金の余りの資金を個別株やETFの購入に充てる。

このような感じでやっていきます。それでは次に、これらのルールを設定した目的について解説していきたいと思います。目的と手段の明確化を図るためです。

①長期資産・短期資産で分類する

まあこのルールは、採用している方も多いと思います。長期・短期で分かれていた方が、狼狽売りなどの誤った売買、感情に任せた売買を防ぎやすくなります。できれば、長期・短期で、それぞれ証券口座を分けた方が、さらにわかりやすくなると思います。

このルールの目的

・わかりやすくするため

・わかりやすくすることで誤った売買(狼狽売り)などを防ぐことができる

②米国株:日本株の比率は7:3

このルールを決めた理由は、まず一つ目に米国株の方が良い成績を見込めると判断したからです。これから先は何が起こるかわかりませんが、少なくとも過去の成績を見る限り、安定して株価が上がっているのは、米国株であるという誰もが知っている理由です。二つ目に「日本円を現金で保有しているので日本株はそんなに持たなくていいのでは?」という感じです。まあこのルールは、目安にすぎませんし、株価は常に上がったり下がったりで変わっているわけですから、割合を意識するのではなく、「過去の成績的に米国株の方が有利なので、米国株を多めに持っておこう」という感じのノリになります。ここではわかりやすく数字で表記していますが、実際にはあまり気にしません。

このルールの目的

・米国株の方が資産効率がいい

・日本円で現金を保有しているため

③つみたてNISAを使って3万3333円を積立する

積立をする一番の目的は、安全な資産運用であるということです。長期的に積み立てることで、「長期投資×3つの分散」という最強のポートフォリオが全自動で、何も管理せずに出来上がります。また、今の投資環境では、つみたてNISAという最強の節税方法があるので、それを満額まで使わないのは”人生のうちで、BEST3にランクインする機会損失”です(言い過ぎました笑)。

このルールの目的

・長期積立は確実性が高く、リスクも少ない

・つみたてNISAの枠(40万円/年)を最大限使うことで、節税の機会損失を防ぐ

④現金は資産の10%以上持つ(最低でも20万円)

これも多くの人が行っている資産運用のルールだと思います。現金を持っておくことで、株を買いたいときに買える状態になります。また、これはもしもの時に必要な最低限度のお金でもあります。金融商品として資産を持っていると、どうしても売却までに時間がかかったり、証券口座から銀行口座にお金を出金するのにも時間がかかってしまいます。それは嫌なので現金を持つという感じです。

このルールの目的

・買い時に買えるようにする

・もしもの時のための最低限のお金

⑤「つみたてNISA」と「なかったこと貯金」の余りの資金を、個別株やETFの購入に充てる

個別株、ETFは最低限必要な投資ではないです。しかし、「インデックスに積立」だけでは、正直味気ないと言いますか…(笑)、楽しくないんですよね。投資を長く続けるために投資は、楽しんで行わなければならないと思います。そのためにも「リスク許容度(僕の場合、最低限の積立をしていればそんなに不安はない)に合わせた最高限度の投資をする」ということです。

そして、やるからには本気でやりたいですよね。そうすると、すっごい勉強になります。株価というのは、「その会社の事情」だけではなく、「ほかの会社」「国」「世界」「国際情勢」「環境」「人々の感情」など、世の中にある様々な要素が重ねりあってできています。単に需要と供給の均衡が、株価になるとは限らないわけです。その動きを数字で見ることができるのが、株価です。「株式指数の値動きを見るだけで、世の中で何が起こったか大体わかる」という人もいるぐらいですからね(笑)。そりゃあ勉強にもなるはずです。

このルールの目的

・投資を楽しむため

・社会勉強になるから

まとめ:本格的にFIRE目指すぞ!

今回は以上です。

ここまで、長々と僕個人の事情を見ていただき、ありがとうございます。参考になると嬉しいです。

最後にまとめになりますが、本当にに言いたいことは、冒頭でも書いてあるこれだけです。

結論:

「収入>支出(+投資)」の習慣を作る。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 正しい投資をする

この上で、僕の今回書いた記事が、一つの例として誰かの参考になればと思っています。そもそも人によって事情も変わってきますし、その人に合った資産運用を探っていく必要がありますもんね。

今回は以上です。ここまでご覧いただきありがとうございました。

当ブログサイトの運営
ざっきー
学生投資家/17歳から投資を始める/現在19歳/10代で資産150万円を達成する/投資歴2年/学歴:偏差値40くらい/学歴はなくても、学生でも、10代でも、資産は増やせる/せどり・アフィリエイト・ブログなどの副業なども行う
\ Follow me /
関連記事一覧